ブログ ブログ

記事一覧

  • ポーターの拡大装置
    2019年05月07日
    歯のアーチを横に広げる装置にはたくさんの種類があります。 取り外し可能なマウスピース型の装置と歯に接着剤でつけてつけたままの状態にする固定式の装置もあります。 また、広げるスピードを早く行[もっと見る]
  • 装置の製作期間
    2019年04月23日
    当院では矯正検査、及び矯正診断を行ったらすぐに矯正治療を始められる場合と、装置の製作をしてから始める場合があります。 表側のワイヤーによる矯正治療の場合にはすぐにスタートが可能です。 透明[もっと見る]
  • 歯に伝える力の方向を考えてアタッチメントを設置します
    2019年04月15日
    透明なマウスピース矯正(インビザライン)ではアタッチメントの設置が重要です。 表側に設置することがほとんどですが、奥歯を外側や内側に動かす場合には表側だけでなく、裏側にもアタッチメントを設置して[もっと見る]
  • ワイヤー矯正の口内炎予防に
    2019年04月11日
    歯列矯正のためにブラケットという突起とワイヤーが歯につくと、その厚みと形状により違和感を感じます。 頬の圧力や口の大きさによりますが、口内炎ができることもあります。 頬粘膜や口唇圧が強けれ[もっと見る]
  • セットアップ模型による裏側矯正装置の製作
    2019年04月06日
    矯正治療後の歯の模型を初診時の模型の歯を一つ一つ分割して、ワックスで位置を固定した物をセットアップ模型と言います。その模型に合わせて裏側の矯正装置の準備をします。 セットアップ模型は担当医が製作[もっと見る]
  • 透明なマウスピース矯正からワイヤー矯正
    2019年03月30日
    透明なマウスピース矯正(インビザライン)の治療はマウスピースの装着時間や装着方法などによって、治療が左右されることがあります。 また、大きく歯を平行移動するのが難しいこともあり、治療後にもう少し[もっと見る]
  • 歯を抜く?削る?
    2019年03月19日
    歯を矯正治療で並べる際にスペースが不足している場合には、どうにかしてスペースを獲得しなければなりません。 顎という箱に歯を収納しなければいけませんので、入りきらない場合には断捨離が必要です。 [もっと見る]
  • ゴムの縮まる力を利用して犬歯を後ろに引っ張ります
    2019年03月17日
    ワイヤーをレールにして犬歯を後ろに引っ張ります。 ここでは輪ゴム(エラスティック)の縮まる力を利用して後ろに動かしています。 ゴムは透明ですが、カレーや着色物を食べると黄ばんできますので、[もっと見る]
  • 矯正治療中の突起(アタッチメント)
    2019年03月11日
    ワイヤー治療に比べると、小さなものですが透明なマウスピース矯正(インビザライン)でも歯の表面に突起が付きます。 この突起(アタッチメント)はランダムに適当につけるわけではなく、歯を動かす方向など[もっと見る]
  • 水平埋伏智歯
    2019年03月08日
    下の親知らずに多い横向きになった状態を水平埋伏と呼びますが、抜歯するとなると外科的な侵襲がどうしてもありますので 術後1週間から10日程度顔が腫れます。 また顎のあたりが内出血で青っぽくな[もっと見る]
ページトップへ
メールでお問い合わせ
ページトップへ

Copyright © SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.