料金表

PRICE

料金表

矯正治療

〈詳しくはこちら〉  
矯正無料相談 無料
歯並びやかみ合わせ、歯や歯肉の状態、顔貌などを診察し矯正治療を行うとすればどのような治療になるのか、期間、費用などを含めてご説明します。無理に勧めることはありませんのでご安心ください。
矯正精密検査 ¥15,000
*口腔内写真、顔貌写真、歯型取りもしくは口腔内スキャン、レントゲン、必要な場合にはCT撮影を行います。
矯正診断 ¥15,000
*歯列矯正専用のPCソフトなどで骨の大きさや前歯の角度などを数値化して分析します。全ての資料を参考にして矯正治療さらには虫歯治療や歯の被せ物や詰め物などの補綴治療も含めて総合的に治療方針を決定します。
矯正治療 乳歯列期矯正 ¥150,000
デンタルローンだと 月々税込 ¥3,076~
全て乳歯の状態の時期に始める矯正治療。マウスピース型装置を使用することが多いです。
小児矯正 ¥350,000
デンタルローンだと 月々税込 ¥5,351~
前歯が永久歯に生え変わった時期に行う矯正治療。マウスピースやワイヤーを使用することが多いです。乳歯列期矯正から差額で移行可能です。
透明なマウスピース型矯正装置(インビザラインファースト)を使用する小児矯正 ¥450,000
デンタルローンだと 月々税込 ¥6,880~
乳歯列期矯正から差額で移行可能です。
成人矯正
小児矯正から差額で移行可能です。
全体的にかみ合わせを重視してしっかり治す?
気になるところだけお手軽な料金で治す?
治す部分を決めたら装置を選択
①全体矯正 かみ合わせや歯並びをベストな仕上がりを目指すならこちら 上下表側審美的ワイヤー矯正 ¥750,000
デンタルローンだと 月々税込 ¥11,467~
一般的なマウスピース型矯正(インビザラインフル)枚数制限なし ¥750,000
デンタルローンだと 月々税込 ¥11,467~
5年間は何回でも装置代無料でマウスピース型矯正装置(インビザライン)の製作ができます。
表側審美的ワイヤー矯正とのコンビネーション治療でも追加料金なし。
ハーフリンガル矯正(上裏側、下表側審美的ワイヤー) ¥950,000
デンタルローンだと 月々税込 ¥14,525~
上下舌側矯正 ¥1,150,000
デンタルローンだと 月々税込 ¥17,583~
②上下前歯の部分矯正 費用と期間をできるだけお手軽に上下の前歯だけを整えるならこちら 上下表側審美的ワイヤー矯正 ¥350,000
デンタルローンだと 月々税込 ¥5,351~
マウスピース型矯正装置(インビザラインエクスプレス)7枚まで ¥400,000
表側審美的ワイヤー矯正とのコンビネーション治療でも追加料金なし。
デンタルローンだと 月々税込 ¥6,116~
マウスピース型矯正装置(インビザラインライト)14枚まで ¥500,000
表側審美的ワイヤー矯正とのコンビネーション治療でも追加料金なし。
デンタルローンだと 月々税込 ¥7,645~
ハーフリンガル矯正(上裏側、下表側審美的ワイヤー) ¥450,000
デンタルローンだと 月々税込 ¥6,880~
上下舌側矯正 ¥550,000
デンタルローンだと 月々税込 ¥8,409~
③上(もしくは下の)前歯の部分矯正 上下表側審美的ワイヤー矯正 ¥300,000
デンタルローンだと 月々税込 ¥4,587~
マウスピース型矯正装置(インビザラインエクスプレス)7枚まで ¥350,000
デンタルローンだと 月々税込 ¥5,351~
表側審美的ワイヤー矯正とのコンビネーション治療でも追加料金なし。
マウスピース型矯正装置(インビザラインライト)14枚まで ¥450,000
デンタルローンだと 月々税込 ¥6,880~
表側審美的ワイヤー矯正とのコンビネーション治療でも追加料金なし。
デンタルローンだと 月々税込 ¥7,645~
舌側矯正 ¥400,000
デンタルローンだと 月々税込 ¥6,116~
装置はこれがいいと決まってる方はこちらから選択
①上下表側審美的ワイヤー矯正
上下フル ¥750,000 デンタルローンだと 月々税込 ¥11,467~
上下前歯のみ部分矯正 ¥350,000 デンタルローンだと 月々税込 ¥5,351~
上のみもしくは下のみ ¥300,000 デンタルローンだと 月々税込 ¥4,587~
②マウスピース型矯正装置(インビザライン)上下表側審美的ワイヤー矯正と併用しても追加料金はありません。 上下フル 枚数制限なし ¥750,000
デンタルローンだと 月々税込 ¥11,467~
上下インビザラインライト(14枚まで) ¥500,000
デンタルローンだと 月々税込 ¥7,645~
上または下のみインビザラインライト(14枚まで) ¥450,000
デンタルローンだと 月々税込 ¥6,880~
上下インビザラインエクスプレス(7枚まで) ¥400,000
デンタルローンだと 月々税込 ¥6,116~
上または下のみインビザラインエクスプレス(7枚まで) ¥350,000
デンタルローンだと 月々税込 ¥5,351~
③ハーフリンガル矯正(上裏側、下表側審美的ワイヤー) 上下フル ¥950,000 デンタルローンだと 月々税込 ¥14,525~
上下前歯のみ ¥450,000 デンタルローンだと 月々税込 ¥6,880~
④舌側矯正 上下フル ¥1,150,000 デンタルローンだと 月々税込 ¥17,583~
上下前歯のみ ¥550,000 デンタルローンだと 月々税込 ¥8,409~
上または下のみ ¥400,000 デンタルローンだと 月々税込 ¥6,116~
保定 保定とは歯列矯正治療後の後戻りを防止し、綺麗な歯並びをキープすることです。
リテーナー(マウスピース型保定装置)や裏側固定式ワイヤーを用います。
当院で矯正治療を行なった場合にはリテーナーの規定数は上記料金に含まれています。
リテーナーのみ製作希望の場合
クリアリテーナー(透明なマウスピース型) ¥5,000
ワイヤープレート型 ¥20,000
裏側固定式ワイヤー ¥8,000

※リテーナーと固定式ワイヤーは片顎となります。
  • *即日でマウスピース受け取り希望もしくは裏側に固定したい方はお問い合わせください。
  • *歯の型取りが苦手な方は口腔内3Dスキャナー装置にてお口の中をスキャンしてリテーナーを製作することも可能です。その場合には5,000円の追加料金がかかり、2週間以上の製作期間を頂きます。

ホワイトニング・ピーリング

〈詳しくはこちら〉

歯を漂白して天然歯のみを自然な白さにする治療です。
知覚過敏や歯肉炎、歯周病がある場合には先に治療が必要な場合があります。ホワイトニングを行う前には歯のクリーニングが必要です。
当院にホワイトニングコーディネーターの資格を持つ衛生士が在籍しております。

ホワイトニング オフィスホワイトニング ¥30,000
クリニックで行うホワイトニングです。
1時間程度の時間がかかります。
ホームホワイトニング ¥20,000
ホワイトニング用マウスピースを作成し、ご自宅で行うセルフホワイトニングです。
デュアルホワイトニング ¥50,000
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを両方を行い、白くする最も効果が高い方法です。
神経がなく黒くなってきた歯のホワイトニング 1回¥5,000の処置を3回程度行い白くする方法です。
歯肉のピーリング 歯肉の黒ずみを除去し綺麗なピンク色の歯肉にする方法です。 1回¥5,000の処置を3回程度行い白くする方法です。

    上記料金以外に、消費税等が別途かかります。なお、令和元年10月1日以降は10%の消費税等、以後税率改定が生じた場合には改定後の税率となります。

予防歯科

〈詳しくはこちら〉

着色除去、歯石除去、フッ素塗布

保険適用 約¥3,000

    *着色やタバコのヤニが多量に付着している場合には、一度のクリーニングではすべて除去できない場合があります。

虫歯治療

〈詳しくはこちら〉
装着日から1年以内 100%保証
装着日から1〜5年 80%保証

*以下の場合は例外となります

  • ・ ブラッシング状態が非常に悪い場合、最低でも半年に1回の検診・クリーニング・メンテナンスを受けられない場合
  • ・ 糖尿病など免疫の低下に関する疾患をお持ちの場合
  • ・ 噛み合わせなどの原因によって、治療部位が清掃困難な場合
  • ・ 歯ぎしりが原因となって、問題を引き起こしている場合
  • ・ 歯科医師から治療前に万全の状態ではないと説明があった場合

虫歯治療・セラミック治療

ダイレクトボンディング
虫歯を除去して即日で樹脂(歯科用プラスチック)を詰める方法です。
虫歯を最小限に削り、健康な歯をできる限り削らずに白い詰め物が安価にできる利点があります。その反面、詰め物は年月と共に劣化し、色が変化し強度が弱いため擦り減りやすい欠点があります。神経を取った歯や大きな奥歯の虫歯には難しい場合があります。
保険適応
インレー
虫歯を削って、歯型を取って製作する歯の詰め物です。
12%金銀パラジウム合金 保険適応
銀色の保険適応の詰め物です。
白金加金、金 ¥50,000前後
金の相場によって費用が変動します。
セラミックインレー ¥50,000
歯の色調に最も合わせることが可能で虫歯のリスクも低いです。5年以内保証あり。
クラウン
歯を全て覆いかぶせる被せ物です。神経を取った歯に行うことが多いです。
12%金銀パラジウム合金 保険適応
銀色の保険適応の被せ物です。
CAD/CAM冠 保険適応
前から数えて4番目と5番目の歯に被せる事が可能な保険適応の白い被せ物です。
白金加金、金 ¥100,000前後
金の相場によって費用が変動します。
オールセラミッククラウン
¥80,000~¥100,000
歯の色調に最も合わせることが可能で虫歯のリスクも低いです。5年以内保証あり。
ジルコニアクラウン
¥100,000~¥120,000
丈夫で硬いジルコニアセラミックでできたクラウンです。ブリッジに使用可能です。5年以内保証あり。
ブリッジ 失った歯を隣接する歯を連結して補う方法です。
保険適応の方法と保険外のジルコニアを使用する方法があります。
ラミネートベニア ¥80,000~¥100,000
セラミックの薄いベニアを歯の表面に貼り付け、歯を均一に白くする方法です。
土台 ファイバーコア  保険適応
歯の根っこに負担をかけにくい棒を使用した審美的な土台

土台(コア)

メタルコア 保険適用
ファイバーコア ¥15,000(根に対して負担を軽減できる土台)

義歯

レジン床義歯 保険適用
金属床義歯 ¥300,000~
ノンクラスプ義歯(金具のない義歯) ¥100,000~

歯周病治療

〈詳しくはこちら〉
ルートキュレッタージ 1歯¥3,000
歯周外科手術 ¥30,000~

マウスピース

〈詳しくはこちら〉   
顎関節症治療用マウスピース 保険適応
歯ぎしり予防マウスピース 保険適応
スポーツ用マウスピース 単色 ¥8,000
色や柄などフルオーダー ¥20,000~¥30,000
矯正用リテーナー クリアリテーナー(透明なマウスピース型) ¥5,000
ワイヤープレート型 ¥20,000
  • *即日でマウスピース受け取り希望もしくは裏側に固定したい方はお問い合わせください。保険適応のマウスピースは即日にお渡しができません。
  • *歯の型取りが苦手な方は口腔内3Dスキャナー装置にてお口の中をスキャンしてリテーナーを製作することも可能です。その場合には5,000円の追加料金がかかり、2週間以上の製作期間を頂きます。

インプラント

インプラント ¥350,000~
  • * 保険外診療にはすべて消費税が別途かかります。なお、令和元年10月1日以降は10%の消費税等、以後税率改定が生じた場合には改定後の税率となります。
  • * 保険診療は現金のみ、保険外診療はクレジットカードの使用が可能です。

自費治療費の各種のお支払い方法について

①現金

保険診療は現金のみお支払い可能です。

②銀行振り込み

当院指定の銀行口座へお振り込みにてお支払いが可能です。お子様が通院される方にオススメです。

③クレジットカード

JCB、American Express、Diners、VISA、Masterなど各種クレジットカードでのお支払いに対応しております。

クレジットカード

④デンタルローン

アプラス、金利約5,8%、分割回数最高84回まで可能。

医療費控除とは

自費診療の料金は、健康保険が適用されないため高額になりがちですが、医療費控除を受けることで料金の一部が戻ってきます。これを医療費控除といい、自分や生計をともにする家族のために、1年間(1月1日~12月31日)に10万円を超える医療費を支払った場合、治療にかかった費用を申告することで、税金の一部が還付される制度です。
医療費控除の対象となるのは、歯科医師による診療費(美容を目的とした診療は対象外)や通院にかかる交通費(電車やバスなどの公共交通機関)などです。

医療費控除の対象となる矯正治療

審美的な改善のみを目的とする矯正治療は対象となりませんが、「咀嚼の障害を治す」など機能的な改善を目的とする矯正治療であれば、対象となります。
成人矯正は、審美的な治療として認識されることがあるようですが、実際に、矯正担当医が「歯並び・噛み合わせが悪く咀嚼に障害が及んでいるため、機能的改善が必要」と判断し、診断書を作成すれば、医療費控除の対象として認められます。当該の治療が審美的改善と機能的改善のどちらを目的とするかは、矯正歯科の担当医が判断するものです。
必要な方には診断書を作成してお渡ししますので、お申し出ください。

医療費控除額の計算式

医療費控除額(※1)=実際に支払った医療費の合計金額(※2)- 医療費を補填する保険金等の金額 -10万円(※3)
※1 控除額の上限は200万円
※2 1年間(1月1日~12月31日)に支払った医療費
※3 総所得の金額が200万円未満の場合は総所得金額の5%

医療費控除を受けるための手続き

医療費控除の申告は、確定申告期間(毎年2月16日~3月15日)に、税務署に下記のものを持参する必要があります。

  • 家族全員の1年間(1月1日~12月31日)の医療費の支払い額が証明できる領収書など
  • 交通費のメモ(氏名・日付・交通機関・交通費・病院名・理由を明記)
  • 源泉徴収票(給与所得者のみ、コピー不可)
  • 還付金の振り込み先の銀行名・支店名・口座番号のメモ
  • 印鑑

医療費控除についての詳細は、国税庁のホームページをご覧ください。