ブログ ブログ

2019年03月11日

矯正治療中の突起(アタッチメント)

ワイヤー治療に比べると、小さなものですが透明なマウスピース矯正(インビザライン)でも歯の表面に突起が付きます。

この突起(アタッチメント)はランダムに適当につけるわけではなく、歯を動かす方向などを考えて、形や位置、配置などを決定します。

私の場合には表側だけではなく、裏側にもアタッチメントを配置する事がよくあります。

前歯の見た目の問題だけではなく、内側にある歯を外側に持ってくるときには有効だと考えているからです。

もちろん治療が終わりましたら綺麗に削りとりますのでご安心ください。

スクリーンショット 2019-03-11 11.30.54

ページトップへ
メールでお問い合わせ
ページトップへ

Copyright © SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.