ブログ ブログ

2019年03月05日

2次元ではわからない事

歯科治療ではレントゲンを撮影して治療を行いますが、2次元の情報だけでは予想しながら治療を行うことになる事もあります。

矯正治療では歯の重なりやおおよその歯の位置はわかりますが、奥行きや詳しい方向まで知りたい場合にはCTによる分析が有効です。

また、見えなかった過剰歯や骨の問題も発見できる事もあります。

被曝の問題もありますのでむやみに撮影する事はありませんが、当院では矯正治療のための最初の検査では撮影する事が多いです。

写真は両側の5番目の歯が内側からやや外に向かってねじれて生えてくる事がわかった画像です。小児矯正ではどのあたりから歯が生えてくるのかなどを考えながら治療を行う事が重要なので、このような情報は有用です。

IMG_1588

ページトップへ
メールでお問い合わせ
ページトップへ

Copyright © SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.