ブログ ブログ

2020年03月24日

部分矯正のメリットとデメリット

前歯だけ歯並びを綺麗にしたいといった目的の場合には部分矯正が適応になる事があります。

部分矯正の場合には部分的な歯に矯正装置を装着して歯を整列させます。

以前矯正治療を行なったのに後戻りで少しだけガタガタになった場合などには部分矯正が有効です。

 

メリット

費用が安い。

期間が短い。

部分的にワイヤー矯正を装着しますので、全体に比べ違和感を最小限にできます。

 

デメリット

症例や目的によっては部分矯正では難しい場合があります。

部分矯正ではかみ合わせなどを理想的な状態にする事が難しい場合があります。部分矯正で歯を整列させることによりかみ合わせが悪くなる事があります。

 

下の写真は下の前歯のみの表側ワイヤー部分矯正

DSC_0183のコピー

ページトップへ
メールでお問い合わせ
ページトップへ

Copyright © SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.