ブログ ブログ

2020年03月04日

矯正治療後に用いるクリアリテーナー

矯正治療は歯を動かし終わった後に固定が必要です。

その固定をするためのマウスピースをリテーナー呼びますが、当院で最も使用するリテーナーであるクリアリテーナーの利点欠点について考えてみます。

クリアリテーナーとは歯を動かした後に後戻り防止の目的で使用する透明な厚さ約1.0mmのリテーナー(マウスピース)です。

素材は違いますが見た目はインビザラインに似ています。アタッチメントはつけません。

利点は透明なので目立たない。他のリテーナーに比べて薄くて小さいため装着感が良く発音しやすい。当院には専用の機械がありますので、歯の型取りをしてから即日で約1時間程度で製作可能です。混雑時は難しい場合もありますので、即日にて製作希望の場合にはあらかじめお問い合わせください。他のリテーナーに比べて費用が安い。

欠点は歯の噛む部分も覆われてますので、歯ぎしりや食いしばりによってすり減ってきます。さらに割れてくることもあります。つまりは消耗品のために予備や再製作が必要になります。

DSC_0169

ページトップへ
メールでお問い合わせ
ページトップへ

Copyright © SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.