ブログ ブログ

2019年05月08日

矯正装置の接着前にはエッチングを行います

歯の表面に矯正の装置をつける前には様々な処置が必要です。そもそも歯に物をくっつけることができるということが凄い事だと今でも思っています。

まずは歯の表面の思考や汚れを綺麗にクリーニングします。その後、天然の歯にはエッチング剤を塗って歯の表面に微細な凸凹を作り、接着力の強化をします。エッチング剤の多くは青色で、舐めるをレモンのように酸っぱい酸になります。

金属やセラミックなどの人工の歯にはエッチングではなく、サンドブラストといって小さな粉を吹き当てて、これも同様に表面に微細な凸凹を作ります。

それから接着剤を塗って固めて装置を接着させます。

矯正治療での接着剤の特徴は適度な力で外すことができるということです。

矯正治療終了したら装置は外しますので、強固につけるわけにはいきません。そのため、強く噛んだり、指でいじると外れることもあります。

DSC_1055

ページトップへ
メールでお問い合わせ
ページトップへ

Copyright © SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.