ブログ ブログ

2019年03月30日

透明なマウスピース矯正からワイヤー矯正

透明なマウスピース矯正(インビザライン)の治療はマウスピースの装着時間や装着方法などによって、治療が左右されることがあります。

また、大きく歯を平行移動するのが難しいこともあり、治療後にもう少し動かしたい場合には再度新しいマウスピースを再製作するか表側のワイヤーの装置に移行することもあります。

当院では、表側のワイヤーに移行しても追加の料金はかかりません。

IMG_7031

ページトップへ
メールでお問い合わせ
ページトップへ

Copyright © SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.