2018年11月24日

インプラントアンカー

歯列矯正では歯を効率よく、適切に動かすのを助けるためにインプラントアンカー(矯正用スクリュー)を使用することがあります。一般的なインプラントとは、歯が虫歯などで失って無くなった部分に歯の根っこの代わりとして歯茎に埋め込むものですが、矯正用インプラントアンカーは歯のように強く噛むことはないので太さも細く、必要なくなったら外してしまいます。

感染などを起こすと外れてしまうこともありますので、軽くブラッシングしたりして清潔に保つ必要があります。

埋め込む時は麻酔をして、埋め込みます。

埋め込んだ後は痛みが出ることは少ないですが、痛み止めや抗生剤のお薬を服用します。

DSC_0354

 

ページトップへ

Copyright c SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.