ブログ ブログ

2020年03月11日

矯正治療後の裏側(舌側)Fixワイヤー固定

歯列矯正にて歯並びやかみ合わせを整えた後には後戻りや変化が起きないように固定する必要があります。

当院ではリテーナーと呼ばれるマウスピースで固定をするか、歯の裏側(舌側)に細いワイヤーを接着させて固定する方法を行います。

矯正治療を頑張って行ったのに保定をサボってしまって後戻りを起こし、再矯正を行った経験はないでしょうか?

サボるというのはリテーナーの使用時間が少ない、もしくは全然使わなかったということです。

食事歯磨き以外の時間にリテーナーを使用することが苦痛、もしくは面倒という方は結構います。

そのような場合には取り外しがない裏側のFixワイヤー固定が楽です。

メリットは慣れてしまえば楽で、リテーナーの紛失や管理など必要ないです。

デメリットは部分的に外れてしまうことなどがありますので、気づいたらすぐに再接着する予約を取る必要があります。外れたままにしておくと、後戻りの原因となります。また歯石が溜まりますので、3ヶ月から半年に一度は歯のクリーニングと虫歯の検診を行うのが望ましいです。

DSC_0202

ページトップへ
メールでお問い合わせ
ページトップへ

Copyright © SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.