ブログ ブログ

2020年01月20日

歯の矯正治療によって口元や横顔が変わる?

歯の矯正治療によって前歯の角度や位置が変化すると、口元の形や横顔が変化します。

出っ歯の治療で、抜歯を行なって前歯を引っ込めると、E-line(イーライン)と呼ばれる横顔の鼻の先端と下顎の先端を結んだ線よりも口元が入って、審美的な満足感も得られやすいです。

本来は抜歯を行なって治す症例を抜歯をしないで行うと、逆に治療前よりも前歯が出てきて口元が突出してしまうこともあります。

 

スクリーンショット 2020-01-20 13.41.15

歯の矯正治療では歯を動かしますが、成人では顎の形を変化させるには手術が必要です。例えば、骨格性下顎前突症と呼ばれる受け口の治療で顎変形症と診断された場合には矯正治療と外科手術の両方を保険診療にて受けることが可能です。このような顎変形症の治療では骨格の形も変化します。

ページトップへ
メールでお問い合わせ
ページトップへ

Copyright © SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.