ブログ ブログ

2020年01月06日

出っ歯の矯正治療

出っ歯の矯正治療について考えてみました。

出っ歯には様々な要因が関与しています。

骨格によるもの

1、上顎の大きさが大きく前方に位置している事による骨格性上顎前突。

2、下顎の大きさが小さく後方に位置している事による下顎骨の劣成長による骨格性上顎前突。

歯の位置、傾斜によるもの

3、上顎の歯が前方に位置して、前歯が前方傾斜した歯性上顎前突。

4、歯の欠損などで下顎の歯が後方に位置して、前歯が後方傾斜した歯性上顎前突。

機能性

5、本来の下顎の位置よりも後方に押し込めて噛んでいる事による上顎前突。

これらの原因が一つではなく、いくつか含まれていることもあります。

骨格や先天性の歯の欠損などは遺伝が関与していることが明らかになっています。

 

原因を診断で調べてわかったら、できる限り原因を治すようにしていきますが

顎の成長期の小児矯正と成長が終了した成人矯正では行う治療が異なります。

小児矯正で下顎が小さい場合には前方に成長させるような治療を行うことがあります。

成長が終了した成人矯正の時期に骨格のバランスを治すとすれば外科手術以外には方法がありません。

手術をするほどでなければ、歯を動かすことで出っ歯の改善を行います。

前歯を引っ込めるスペースがあるのであれば非抜歯で治療が可能ですし、

前歯を引っ込めるためのスペースが多く必要であれば、抜歯を行う診断になる可能性があります。

スクリーンショット 2020-01-06 10.27.10

 

ページトップへ
メールでお問い合わせ
ページトップへ

Copyright © SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.