ブログ ブログ

2019年12月02日

小児矯正に対応したインビザラインファースト

これまでは小児矯正では透明なマウスピース型矯正装置のインビザラインは行なっていませんでしたが、新しく小児期に対応したインビザラインファーストを選択肢の一つとすることにしました。

 

基本的には通常のインビザラインと同じように、就寝時だけでなく食事と歯磨き以外は使用する必要があります。

また、小児は乳歯が抜けて、永久歯が生えるといった変化などがありますので、マウスピースが合わなくなった場合にはスキャンして新しいマウスピースを製作します。

もちろん成人矯正同様にインビザラインでは難しい症例にはワイヤーとの併用などが必要になります。

透明で目立たなく、外して歯磨きができるために虫歯のリスクが少ない利点の一方で、症例が限られる、使用時間厳守、適切に使用する必要がある、管理が面倒などの欠点もありますので、従来のワイヤー矯正で行うのかインビザラインファーストにするのかはしっかり検討が必要です。

IMG_2712

ページトップへ
メールでお問い合わせ
ページトップへ

Copyright © SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.