ブログ ブログ

2019年05月28日

口腔内スキャンの難点

歯の型取りに比べ、口腔内スキャンは取り直しなどが基本的にはなく、嘔吐反射も起こしにくいといった型取りが嫌いな患者さんにとっては素晴らしい利点があります。

またデジタルデータによるやりとりができるため、郵送などの通信もスピーディーなので、インビザラインといった透明なマウスピース型矯正装置や裏側矯正の装置などが完成するのも早くなります。

しかし難点があり、iTeroと呼ばれる口腔内スキャナーのヘッドが大きいため特に上の奥歯の後方部のスキャニングが大変難しい事があります。そこさえ問題点がクリアーされれば、ほぼデメリットは無くなるかと思います。

強いて言えば、費用が高いです。これからさらに普及して単価が下がるのを期待しています。

IMG_1851

ページトップへ
メールでお問い合わせ
ページトップへ

Copyright © SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.