ブログ ブログ

2019年04月06日

セットアップ模型による裏側矯正装置の製作

矯正治療後の歯の模型を初診時の模型の歯を一つ一つ分割して、ワックスで位置を固定した物をセットアップ模型と言います。その模型に合わせて裏側の矯正装置の準備をします。

セットアップ模型は担当医が製作する場合もありますし、矯正専門の歯科技工士に依頼して製作することもあります。

近年では口腔内スキャン装置で歯並びをスキャンしたデジタルデータをパソコン上の専用ソフトで歯を並べて、3Dプリンターで模型を作り、それに合わせて装置を製作する方法も行います。

手間はかかりますが、料理で言えば出汁をとって、下準備するように大事なことなのでここは手抜きが出来ない過程になります。

スクリーンショット 2019-04-06 9.47.23 スクリーンショット 2019-04-06 9.47.33

ページトップへ
メールでお問い合わせ
ページトップへ

Copyright © SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.