2019年01月31日

開咬(オープンバイト)には輪ゴムが効きます

開咬(オープンバイト)は噛み合わせた状態でも上と下の前歯が当たらずに、奥歯しか噛めない状態のことを言います。

開咬だと前歯で食べ物を噛み切ることができません。麺は前歯で切ることができないため奥歯で噛み切るようです。

前歯はハサミのように噛み切る役目があり、奥歯は食べ物をすりつぶす役割があり、消化の第一歩として重要なのですが、前歯で噛みきれなければ、消化の問題や奥歯に負担がかかり、食いしばりや歯軋りで歯が割れてしまうこともあります。

そこで歯列矯正にて改善することが多いのですが、輪ゴムの縮まる力を利用して治すことが多いです。

また、開咬の場合には舌を前に出す癖があることもありますので、そのような習癖を治すことも重要です。

DSC_0616

ページトップへ

Copyright c SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.