2018年12月03日

タフトブラシ

表側や裏側のワイヤー矯正を行なっている間の歯ブラシは大変なものです。

ワイヤーの下やブラケットと呼ばれる装置の周囲を特に四隅をしっかり磨かなければ虫歯になってしまいます。

通常の歯ブラシはヘッドの部分が大きいため、細かい四隅を磨くのがどうしても難しくなります。

そこでタフトブラシという先が細い歯ブラシを補助的に使うことをお勧めします。

通常の歯ブラシで磨きやすい部分を磨いた後に、このタフトブラシで装置の四隅を磨いてください。

かなりヘッドが小さいので動かしやすく磨きやすいと思います。

また歯列矯正中だけでなく、タフトブラシは奥の磨きにくい歯、親知らずなどを磨くのにも適しています。

DSC_0401

ページトップへ

Copyright c SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.