2018年07月03日

保険適応の歯列矯正

これまで厚生労働大臣が定める疾患や受け口など手術を伴う顎変形症に対しては保険で歯列矯正が可能でした。

これからはこれまでのものに追加して、前歯に3歯以上の永久歯が萌出不全に起因した咬合異常(埋まって出てこないなど)やその他の顎、口腔の先天異常について保険が適応となりました。

前歯に3本以上の埋伏などはかなり珍しいですが、先天異常に関しては保険で歯列矯正が可能であるとの認識で良いかと思われます。

ちなみに保険で行うことができるクリニックや病院は施設基準の届け出を行っている所のみですのでご確認ください。

また2年後の保険改正ではどうなるのか注目です。

ページトップへ

Copyright c SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.