2018年05月25日

歯の矯正中の歯みがき

ワイヤーによる歯列矯正が始まると、悩まされるのが歯磨きです。

ブラケットやチューブと呼ばれる四角い装置の周りに食べカスがつまりやすくなります。

歯磨きのやり方はできる限り鏡を見ながらブラケットやチューブの四隅を念入りに磨いていくしかありません。

歯ブラシは細かいところを磨く時には細い物が使いやすいです。フロスを行う際にはワイヤーがあると入りにくいので

入るところまで入れて清掃をして行くのが望ましいです。

 

当院では表側の矯正治療の場合にはワイヤーは白いコーティングをされたものを使用することが多いですが、ワイヤーをブラシで強くこすりすぎると白いコーティングが剥がれて金属が露出してしますので気をつけていただいています。

裏側矯正の場合には、上の場合には患者様が直接ワイヤーを見るのは非常に難しいので、感覚で磨くしかないと思います。

下の場合には、口を大きく開ければ鏡で見ることができますので、表側と同様に磨いてもらいます。

 

インビザライン などの取り外しができるマウスピース矯正の場合には、外して食事をして普段通りに歯磨きをしてマウスピースをしてもらいますので、最も虫歯のリスクは少ない方法になります。

ページトップへ

Copyright c SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.