2018年02月13日

歯列矯正における抜歯のタイミング

歯列矯正では歯並びを整えるためや、前歯を中に移動させるために抜歯を行う場合があります。

抜歯を行ってから歯を並べる場合もありますし、抜歯を行う前に歯並びをある程度改善してから抜歯を行うこともあります。

また、抜歯を行うか否かボーダーラインの場合には、まずは抜歯をしないで並べてからの再診断によって抜歯を行うか判断することもあります。

 

小児期の場合には、生え変わる大人の歯(永久歯)の頭が出てきているにも関わらず、交換する乳歯が抜けていない場合には、その乳歯は抜歯したほうが良いことが多いです。生え変わるスペースに 乳歯があると永久歯がそれを避けてずれて生えてしまうことがあるからです。

 

親知らずに関しては、状況により抜歯するタイミングが変わります。抜歯せずに残しておいたほうが良い場合もあります。

 

抜歯を行うタイミングは個人によって異なりますので、これらも含めて最初に矯正の精密検査及び診断を行います。

ページトップへ

Copyright c SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.