2018年02月05日

歯列矯正と仮歯

仮歯は歯科の治療ではよく使用します。

仮歯はレジンというプラスチックのような材料でできた歯で、綺麗に作製すれば全く仮歯に見えないこともあります。

ただし仮歯なので通常は弱めの接着剤で仮付けするため、外れてしまうこともありますし、プラスチックのために硬いものなどを噛むと割れてしまうこともあります。

また、単に最終的な歯を入れるまでの仮に入れる歯というだけでなく、噛み合わせや歯ぐきの状態を治療したり、変化させないための重要な役割があります。

最近では成人やシニアの矯正治療が増えていますが、歯列矯正を行う前に虫歯の治療や歯周病の治療が必要なことも多くあります。

特に神経の治療をした歯などは最終的な被せ物をする前に、仮歯を作製して矯正治療中は仮歯のまま歯を動かすことが多いです。

また、ブリッジがあり真ん中のスペースを利用する場合にはブリッジを外して、両側の歯を単独の仮歯の被せ物に置き換えて矯正治療でスペースを閉じることもあります。

歯列矯正が終了したら、仮歯を最終的な被せ物であるセラミックや金属に置き換えます。

成人矯正では一般治療と矯正治療を組み合わせた治療は不可欠になっています。できる限り効率的で最も歯の健康になるように総合的な診断と治療を選択しています。

ページトップへ

Copyright c SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.