2018年01月12日

インビザラインのデメリット

インターネットの広告では透明なマウスピース歯列矯正装置であるインビザラインの素晴らしいメリットが注目されがちですが、もちろんデメリットも存在します。

マウスピース型の矯正装置は患者様が自分自身で取り外しができるために、食事や歯磨きがワイヤー型の矯正装置に比べると普段通り行うことが可能になります。これは歯磨きしやすく、予防の観点からすると非常にメリットがあります。

その反面、マウスピースを外す時間が長くなってしまうと、歯がしっかり動かないことがあります。1日20時間以上の装着を推奨しています。

また、歯体移動という歯の動きの量が多いような症例や動かしたくない歯の固定が難しい場合があります。つまりワイヤー型の矯正装置に比べ症例を選別して行う必要性もあります。

こうしたことから当院ではインビザライン専門の矯正治療ではなく、表側の矯正装置、裏側の矯正装置も準備して、患者様の希望に最も適した方法を提示しています。決して無理強いすることはありませんので、よくご検討の上歯列矯正の治療法を選んでください。

ページトップへ

Copyright c SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.