2017年03月11日

歯列矯正に用いるインプラント

インプラントとは顎の骨にチタンの金属を埋めてその上部に人工歯を取り付けて歯のように噛むことができるようにすることが多くの目的となりますが、矯正治療にも応用することができます。

一般的な歯列矯正治療では動かした歯を周囲の歯を利用して動かします。

しかし、その反作用として周囲のあまり動かしたくない歯も動いてしまいます。

できる限り周囲の歯を動かすことなく、動かしたい歯だけを動かす場合に骨にしっかり維持されているインプラントが固定源として働きます。

一般的なインプラントでもその役割を担うことができますが、歯を失ったりしていなければ細いネジのような矯正用インプラントスクリューを麻酔をして歯茎、骨に埋め込みます。通常は細菌感染したりすることなければ、強い痛みや腫れることはありません。矯正治療時のみの一時的なインプラントになりますので必要がなくなったら直ちに撤去します。

 

sn_001

ページトップへ

Copyright c SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.