2017年03月09日

tooth size ratio

噛み合わせは上の歯並びと下の歯並びを綺麗なアーチ状に並べれば必ず緊密に噛み合うわけではありません。骨格のバランスやアーチの幅に加え、上の歯と下の歯の大きさのバランスも重要になります。つまり、歯の大きさの比率が悪いと出っ歯気味になったり、受け口気味になったりします。

 

これらを解消するために、歯を少量ずつ削合して比率を合わせる場合や詰め物や被せ物の大きさを調整して合わせる場合があります。特に成人の場合には虫歯治療で詰め物や被せ物が多数存在すると、大きさがバラバラになっているケースをよく拝見します。矯正治療前の歯並びに合わせた詰め物や被せ物の形態や大きさは新しい整った噛み合わせにはフィットしないことがありますので、これらは新しくするのが理想的です。

 

このような、矯正治療以外の補綴治療(詰め物や被せ物の治療)も自由が丘シーズ歯科・矯正歯科では総合的に診断、治療することが可能です。

ページトップへ

Copyright c SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.