マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは 透明なマウスピースによる矯正
『マウスピース矯正』は、ブラケットやワイヤーを使用せず、透明のマウスピースを装着して歯を移動させる治療法です。
ブラケットやワイヤーを使用する方法だとその部分が目立ってしまうというデメリットがあり、審美性に劣りますが、透明のマウスピースはほとんど目立たないので、審美性に優れた方法といえます。
また、お口の中の違和感や痛みもほとんどありません。
マウスピース矯正にはいくつか種類がありますが、ここでは当院で行なっている『インビザライン』 をご紹介します。

インビザライン

インビザラインのメリット

インビザラインのメリット 『インビザライン』は薄く透明なマウスピース状の目立たない装置です。
従来の装置とは異なり、取り外し可能なので、食べ物が絡みつく煩わしさがありません。外して歯ブラシで簡単に洗浄することができるので、装置にプラークが溜まることがなく、お口の中を衛生的に保つことができます。
さらに、ワイヤーやブラケットを使用していないため、粘膜への刺激がなく、口内炎ができることもほとんどありません。金属アレルギーの心配もないので、従来の治療法を諦めていた方も安心して治療を受けていただけます。



インビザライン

治療計画の完成形が見えることによる不安の緩和

インビザラインのメリット インビザラインでは、シュミレーションソフトを使用し患者様の歯列がどのように動いていくのか?をバーチャルモデルを見せながら治療がスタートする前にご覧になることができます。
ビジュアルを使用したコミュニケーションを図り完成形が見えることにより患者様としても 不安を緩和し、モチベーションを高めながら治療に臨めるというメリットがございます。

患者様のライフスタイルにあった治療の実現

患者様のライフスタイルにあった治療の実現 当院に来院される患者様は学生さんであったり社会人であったりママであったりと様々で皆様それぞれの生活習慣がございます。 留学される方や、バイトがある方、学業に専心されている方、子育てをされる方、企業にお勤めの方、そういった方々としては通院回数を少なく矯正治療を進めたいとお考えの方もいらっしゃいます。
インビザラインであれば1か月~1か月半に一度の来院で大丈夫ですので患者様のライフスタイルにあった治療を実現していけるメリットがございます。

1度目の治療からの後戻りが気になられている方、
人生2度目の矯正治療をお考えの方、部分的な矯正治療をお考えになられている方へ

インビザラインの製作工程 子どもの頃、矯正治療をされていたが成長とライフスタイルの変化の中で後戻りをしてきてしまっているなど、お口の中に違和感を覚えている方や、もしもう一度矯正治療をされるならワイヤーは嫌だと率直に思われていらっしゃる方にも是非知っていただきたいのは矯正治療や装置は日々技術革新が進んでおり、皆さまが子どもだった頃とくらべ、透明のマウスピースタイプの装置も登場しているということです。
ワイヤーへの嫌悪感の払しょく後戻りからの再矯正治療にも有効な方法で前歯部の部分的な矯正をお考えの方にも適応症例が多数認められておりますので、是非ご相談ください 。

使用方法

インビザラインの製作工程 初めに精密な歯型を採ります。それが3次元にデジタルデータ化され、コンピューターで歯の移動をシミュレーションし、治療計画を立案します。その計画に患者様から同意していただくと、計画に沿った段階ごとの複数個のマウスピースが、1度に製作されます。つまり、歯の型取りは1回で済むというわけです。
約2週間ごとにマウスピースを取り替え、1回につき約0.25mmずつ移動させます。
なお、食事や歯磨きの際は取り外せますが、1日20時間程度装着しないと効果が出にくくなってしまうので、外している時間が短時間になるように心がけましょう。

料金

インビザライン      難症例:¥750,000(上下)
中間の症例:¥500,000(上下)、¥450,000(上のみ、もしくは下のみ)
簡単な症例:¥400,000(上下)、¥350,000(上のみ、もしくは下のみ)

上記料金以外に、消費税等が別途かかります。なお、平成26年4月1日以降は8%の消費税等、以後税率改定が生じた場合には改定後の税率となります。

料金表一覧へ

症例写真

インビザラインによる出っ歯の治療(抜歯なし)

治療前 治療後

治療前 治療後

治療前 治療後

治療期間:約1年

インビザラインによる凸凹と出っ歯の治療(抜歯なし)

治療前 治療後

治療前 治療後

治療前 治療後

治療前 治療後

治療前 治療後

治療期間:約1年

ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは 『ホワイトニング』とは、お茶やコーヒー、たばこなど日常的な飲食やし好品、加齢などが原因で着色してしまった歯に専用の薬剤を塗り、エナメル質に入り込んだ着色物質を分解するという方法で、削らずに白くすることをいいます。
ホワイトニング剤の主成分である過酸化水素や過酸化尿素は安全が保障されているので、安心して受けていただけます。
ホワイトニングは、歯科医院で行う『オフィスホワイトニング』と自宅で行う『ホームホワイトニング』の2種類に分けられます。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング オフィスホワイトニングは、歯科医院で行なうホワイトニングのことで、多めの過酸化水素を使用するので短時間で白い歯にすることができます。1回の治療時間は1時間程度です。
効果は薬剤の濃度や治療時間の長さなどによって異なりますが、1度で希望の白さにならないこともあるので、一般的な通院回数は1~4回となります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング ホームホワイトニングは、自宅で行うホワイトニングのことをいいます。
最初に歯科医院で歯型を採って薄く柔らかいマウスピースを製作してもらい、それを持ち帰ってホワイトニング剤を注入し、就寝前に装着します。
効果には個人差がありますが、1~2週間継続すると効果が出てくるといわれています。

どちらの方法も、効果が永遠に持続するわけではなく個人差がありますが、一定期間が経てば効果は次第に薄れてきます。その際は再度いずれかのホワイトニングを行なうことで白さを回復することが可能です。ホワイトニングの白さを持続させるために定期的な歯のクリーニングも効果的です。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。最も自然な白さになるお勧めの方法です。

料金

オフィスホワイトニング ¥25,000
ホームホワイトニング ¥20,000¥15,000 キャンペーン中
デュアルホワイトニング ¥45,000¥40,000 キャンペーン中
歯ぐきのエステ(黒ずみの除去) ¥5,000

料金表一覧へ

症例写真

治療その1

治療前 治療後

治療前 治療後

歯のクリーニングとデュアルホワイトニング(オフィスホワイトニング1回とホームホワイトニング2週間)を行いました。

治療その2

治療前 治療後

治療前 治療後

ホームホワイトニングを2週間行いました。

さらなる白い歯をお求めの方には「ラミネートベニア」、「セラミッククラウン」

歯の表側に白いセラミックをはりつけるラミネートベニアという方法や、歯に白い被せ物(セラミッククラウン)を装着する方法があります。人工物を装着しますのでホワイトニングよりも確実に白くすることができて、効果が戻ることもありません。

ラミネートベニア セラミッククラウン

歯ぐきの黒ずみ除去

口呼吸やたばこなどが原因で歯ぐきが黒ずんでしまうことがあります。その場合は歯ぐきに特殊な薬剤を塗り、約1週間待つと新しいピンク色のきれいな歯ぐきが再生します。薬剤を塗ってから3日程度は歯ぐきが白くなりますが、しだいにはがれていき、はがれた箇所は新しい歯ぐきに生まれ変わります。

歯ぐきの黒ずみ除去

ページトップへ

Copyright © SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.