裏側矯正とは

裏側矯正とは 「矯正」といえば、歯の表側にブラケットやワイヤーを装着する『表側矯正』が広く知られています。しかしどうしても装置が目立ってしまうので、敬遠される方が多い方法でもあります。
そこで開発されたのが『裏側矯正』です。これは表側矯正とは異なり、ブラケットやワイヤーを歯の裏側に装着する方法です。表側からは装置が見えないので、他人には矯正治療中であることがほとんどわかりません。
裏側矯正にはいくつか種類がありますが、ここでは当院で行なっている方法をご紹介します。

装置の種類

インコグニート

インコグニート インコグニートを使用すると、複雑な形状のアーチワイヤーを患者様の歯並びに合わせてオーダーメイドで製作できます。つまり、設計から完成までコンピューターで一貫して製作できるので、最適な形状の高精度な矯正装置が製作できるというわけです。
歯の裏側は表側より形が複雑なので、通常の裏側矯正装置は表側矯正装置よりも形状が複雑になり、患者様が違和感を覚えるというデメリットがありますが、インコグニートで製作した装置は全体が薄く、従来の装置と比べて違和感が少ないというメリットがあります。
また、歯の裏側を広く覆って接着するため装置の脱落が少なく、虫歯になりにくい構造になっています。

STb

STb 『STb』は裏側矯正装置の一種で、最も小さく違和感の少ない装置です。
装置の余分な突起を排除して、可能な限り薄く小さくし、丸みのあるデザインにすることにより、「話しにくい」「食事しにくい」などのデメリットを改善しました。それにより会話や食事などの日常的な行動が問題なくできるようになるので、矯正治療中のストレスも大幅に緩和されます。
接客業など話す機会が多い職業の方でも、人目を気にすることなく矯正治療を受けられるので、たいへんご好評をいただいています。
そのほか、装置と装置、装置と歯茎のスペースが広いため、細かいところまで歯ブラシが届きやすいというメリットもあります。汚れを落としやすく歯石が溜まりにくいため、虫歯や歯周病になりにくく、お口に優しい装置といえます。

ハーモニー(HARMONY)

STb 裏側装置のハーモニーは複雑な装置やワイヤーを患者さんごとにフルオーダーメイドします。
やわらかいニッケルチタンワイヤーもロボットが製作するため精密な歯の動きを可能にします。ここまではインコグニートと変わりませんが装置がセルフライゲーションのクリップ型であるために、歯の初期移動が早く、操作性が良い特徴があります。
以前は装置を小さくすることで違和感を軽減させてきましたが、近年では小さくするのではなく、なるべく外れにくいように薄く接着面積を大きくし、形状を丸くすることで違和感がさらに少なくなりました。

ハーフリンガル(上あごが裏側・下あごが表側装置)

STb 上の顎の歯には裏側に、下の顎の歯には表側に矯正装置をつける方法です。
舌がある下の顎は表側につけることで話しやすく、上顎は裏側につけるので目立ちにくいといったメリットもあり、上下顎どちらも裏側矯正(フルリンガル)より費用も安く、患者様としてはメリットと費用の両方の観点からスマートな解決法ともいえます。

裏側矯正におけるポイント(ワイヤーベンディング)

ワイヤーベンディング 綿密な治療計画を立てて裏側矯正治療はスタートいたしますが、患者様の歯は一つずつサイズや形状、根の長さが異なるため予測に反した動きをしたりする場合もございます。

適切な矯正力を歯に作用させ、着実に歯を動かしていくためにはワイヤーと呼ばれる弾性のある針金を患者様の状態に合わせて曲げていく必要があります。

アナログなテクニックではあるのですが、こういった一つ一つを怠ると期待される治療結果にたどり着けない場合がございますし、治療における全工程で有意な差が出てきてしまいます。

当院としては計画通りに歯列移動ができるよう、こういったポイントにこだわって治療をさせていただいております。

料金

治療費 ¥900,000~

料金一覧へ

症例写真

治療例:受け口

治療前
治療例:受け口(治療前)
治療後
治療例:受け口(治療後)

上の前歯を裏側の装置で前方に拡大しています。



治療例:上顎側切歯の舌側転位

治療前
治療例:上顎側切歯の舌側転位(治療前)
治療後
治療例:上顎側切歯の舌側転位(治療後)

裏側から側切歯を押し出して整列しています。



治療例:叢生(抜歯あり)と出っ歯 (*叢生=凸凹)

治療前
治療例:叢生(抜歯あり)と出っ歯 (治療前)
治療後
治療例:叢生(抜歯あり)と出っ歯 (治療後)

顎に歯が並びきらない状態であることから抜歯を選択し、裏側の装置で前歯の後方移動と凸凹を解除して歯を整列しています。



治療例:叢生(抜歯無し)と過蓋咬合(*叢生=凸凹 *過蓋咬合=前歯の重なりが大きいこと)

治療前
治療例:叢生(抜歯無し)と過蓋咬合(治療前)
治療後
治療例:叢生(抜歯無し)と過蓋咬合(治療後)

裏側の装置で叢生を解除しつつ、前歯の重なりを調整しています。

ページトップへ

Copyright © SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.