Dr山口のインビザラインへの思い

透明なマウスピースのインビザラインをお薦めする最大の理由は、実際にインビザライン治療を受けられた患者様の満足度が高いからです。インビザラインはワイヤーを使用せず、気づかれません。インビザライン治療を受けられた方の多くがワイヤーの装置への抵抗感があり、歯列矯正をやりたいのになかなか踏み出せなかった方です。

もっと早く知り、もっと早く治療したかったと多くの方が言います。アメリカではドラマや映画で登場人物がインビザラインを取り外しするシーンがワンカットで使われる程、認知度が高いものになっていますが、日本はどうでしょうか。矯正治療と聞いて最初に思い浮かべるのは、金属のワイヤーが歯に付いている状態でしょう。まずはインビザラインという治療方法の選択肢もあるということを多くの方に知って頂きたいと思います。

さらにもうひとつ、インビザラインのメリットがあります。それは取り外しができるということです。従来のワイヤーの治療では取り外しができませんので、歯みがきのお手入れが面倒で、食事も少し制限されます。しかし、インビザラインは取り外して普段通りおいしく食事ができて、普段通り歯みがきができます。歯列矯正をしながらも、普段通りの生活ができるというのがインビザラインの最大の利点かと思います。インビザライン治療を一人でも多くの方に体験して頂きたいと思います。

インビザラインの実績

全世界で340万人以上の治療実績と治療データの充実&データプラットフォーム


インビザラインは米国アラインテクノロジー社にて1997年に開発され世界の主要各国で行われています。

これまでに全世界7万人以上の歯科医が認定を受けられ、累計で340万人以上の患者様がインビザライン治療を受けられています。
また治療データにおいてはクラウド上に治療データプラットフォームが構築されており、認定ドクターである私は日々、様々な症例ケースを閲覧・学習しております。

これから治療を検討されていらっしゃる患者様と似ている歯・顎骨・症状をデータ閲覧することで予知性の高い治療計画の設計に役立てております。

こういったデータの読み解き方もドクターの力量として重要ですので、インビザラインであればどこで治療を受けても同じ結果が得られるというわけではございません。

インビザラインという矯正装置の力を引き出すのは、術者のスキルと日々の学習を怠らない志だと思っております。

(2015年9月現在)

米国でのアンケート結果

  • graph1

    インビザライン治療に
    「極めて満足」「非常に満足」
    と回答した患者の比率
  • graph2

    インビザラインを知人に
    「間違いなく薦める」「薦める可能性が高い」
    と回答した患者の比率

インビザラインはこんな方におすすめです

  • 見えない、気づかれない矯正治療がしたい方
  • 虫歯のリスクが高い方、歯磨きに自身のない方
  • 金属アレルギーの方
  • 普段通り、おいしく食事や会話を楽しみたい方
  • 口内炎ができやすく、ワイヤー治療が難しい方
  • ホワイトニングをしながら歯列矯正を進めたい方

インビザライン治療を受けた患者様の感想

  • man

    歯列矯正をしているのを全く気づかれませんでした。
    インビザラインは透明なマウスピースなので装着してもほとんど見えません。

  • man

    矯正治療中でもいつも通り食事や会話を楽しめました。
    食事の時は取り外して、安心しておいしく食事ができます。

  • man

    虫歯ができやすくて歯みがきが心配でしたが、取り外して磨けるため安心して治療できました。
    ワイヤー治療と異なり、外して歯みがきが可能なため口腔衛生状態をしっかり保つことが可能です。お食事後にしっかり磨いて頂いて再度装着をします。

  • man

    昔ワイヤーの矯正で口内炎に苦労しましたが、インビザラインでは口の中に煩わしさがありませんでした。 ワイヤー治療では厚みのある装置を歯面に装着しますが、インビザラインは薄いマウスピースでスムーズな形態をしているため、違和感が少ないのが特徴です。

  • man

    金属アレルギーでも治療が安心してできました。
    インビザラインは全く金属を使用していない装置なので金属アレルギーの心配がありません。

インビザラインについて お問い合わせはこちら

当院のスタッフもインビザラインの治療の経験者です

どんなことでも経験者しかわからないことがあります。
半数のスタッフがインビザライン治療の経験者で残りの半数がワイヤーの矯正治療経験者です。お悩み等、お気軽にご相談ください。
経験者にしかわからないことやちょっとしたテクニックなどお話できると思います。

インビザライン治療の流れ

治療前準備
歯の型をとります
歯の型をとります
精密な歯の型をとって、アメリカのアラインテクノロジー社へ郵送します。
クリンチェック
クリンチェック
クリンチェックとはインビザラインを行う症例の治療計画を作製することです。この治療計画がインビザラインの治療を進める上で最も大切な作業です。すべて院長が専用のソフト上で治療計画をチェックし、インビザラインのマウスピースの枚数と治療期間を決定します。
マウスピースの製作
マウスピースの製作
アラインテクノロジー社にて治療計画を反映したマウスピースが製作されます。その後、クリニックに送付されます。歯の型を送付してからおおよそ1~2ヶ月でインビザライン(マウスピース)が完成します。
治療
マウスピースの適合チェック
マウスピースの適合チェック
患者様の歯並びにインビザライン(マウスピース)がしっかり適合するかをチェックします。
2週間おきに新しいマウスピースを装着
2週間おきに新しいマウスピースを装着
マウスピースは食事の時間以外に1日20時間以上の装着が必要です。ご自身で1枚目から順番に2週間おきに新しいマウスピースを装着します。
クリニックでのチェックは1ヶ月~1ヶ月半に一度
クリニックでのチェックは1ヶ月~1ヶ月半に一度
治療計画通りに歯が動いているかを、必ず1ヶ月~1ヶ月半に一度のチェックが必要です。この際に細かい調整を行います。
治療後のメンテナンス
治療が終了したらリテーナーへ
治療が終了したらリテーナーへ
通常の矯正治療と同様に後戻りの防止が必要です。
メンテナンス
メンテナンス
いつまでも健康で美しい歯並びを維持するために3〜6ヶ月に一度のチェックとクリーニングを行います。

インビザラインの種類

①インビザライン・フル

歯並びやかみ合わせを包括的に治療できます。 ①インビザライン・フル

②インビザライン・ティーン

永久歯がまだ全て生えそろっていない若年層の治療に有効。
インジケーターにより使用時間の管理が可能です。 ②インビザライン・ティーン

③インビザライン・ライト

部分矯正や歯の移動が少ない方、後戻り等に対応しています。 ③インビザライン・ライト

④インビザライン・i7

部分矯正や歯の移動が少ない方、後戻り等に対応しています。 ④インビザライン・i7

インビザライン治療の安心保証

インビザライン治療にて計画していた治療結果が得られなかった場合やインビザライン治療の継続が難しいと判断された場合は無料で表側矯正治療に移行できます。

インビザラインについて お問い合わせはこちら
ページトップへ

Copyright © SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.