ブログ ブログ

2020年02月04日

歯の矯正をする前に補綴物の準備が必要な事があります

全てが天然歯で詰め物や被せ物などの補綴物の治療の既往がない方は関係ありませんが、補綴物が歯に入っている場合にはすぐに歯の矯正治療ができない事があります。

IMG_7015

表側のワイヤー矯正では歯の表側の歯面に、裏側のワイヤー矯正では歯の裏側の歯面に矯正装置を接着させて歯を動かしていきます。

IMG_2860 IMG_2867

 

天然の歯には強く接着しますが、金属面やセラミック表面に対する接着力は低下します。(樹脂の詰め物は接着します。)

金属面やセラミックの表面は装置が取れにくくするために表面をザラザラにして接着することもありますし、一度樹脂やプラスチックでできた仮歯や仮の歯に置き換えるのが最も丁寧なやり方になります。

特にセラミックの表面は滑沢で接着が難しいため、仮歯に置き換える事が多いです。そこで問題なのが仮の接着剤でセラミックの被せ物が付いていれば、矯正後にまた戻す事ができますがほとんどがしっかり付いてますので削って外す事になります。そうなると矯正治療後の最終的な補綴物はまた作り直さなければなりません。

高価な費用で作ったばかりなのに外すのが嫌な場合には、表面をザラザラにして頑張って矯正装置を接着させて行ったこともありますが、治療中に何度か外れて応急処置はやはりありました。

裏側矯正は特に外れやすいため前歯などのセラミックの補綴物では仮歯に置き換え、奥歯のセラミックはバンドと呼ばれるリングの装置で接着させます。

透明なマウスピース型矯正装置のインビザラインではアタッチメントと呼ばれる突起をつけなければならないこともありますので、その際にも同様な処置が必要になる事があります。

このように歯列矯正の前には準備が必要になり、矯正治療後に最終的な補綴物に置き換えします。当院では一般歯科も組み合わせた治療を行っていますので、そこも含めて治療方針を決めていきます。

 

 

ページトップへ
メールでお問い合わせ
ページトップへ

Copyright © SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.