ブログ ブログ

2019年12月23日

裏側ワイヤー矯正のメリット、デメリット

見えない歯の裏側ワイヤー矯正について、メリットとデメリットを考えてみました。

メリット

裏側に装置を装着しているため口を閉じた状態では見えない。口を大きく開けると下の装置は見えます。

ワイヤーを使用しているため、歯のコントロール、予測した通りに歯が動く再現性は高い。

 

デメリット

費用が高い。自由が丘シーズ歯科・矯正歯科では裏側装置を歯の形に合わせて製作しますので完成まで1〜2ヶ月程度かかります。

歯磨きがしにくい。下の歯はなんとか鏡を見ながら清掃できますが、上の裏側は見えないのでミラーなどを駆使して磨くか感覚で磨くしかありません。

表側ワイヤー矯正に比べ歯にかかる力が強くかかりやすい。裏側では表側に比べ装置から装置までの距離が短くなりますので、その分ワイヤーのたわみが少なくなり強く力がかかります。

舌に裏側装置が擦れるため、舌に口内炎ができやすい。

表側ワイヤー矯正に比べ裏側ワイヤー矯正は歯科矯正医も見にくい箇所の調整が必要で難しいため、1回の治療時間が長くかかります。

また、歯を動かす治療期間も少し長くかかる傾向があります。これは裏側の装置が表側に比べ、噛む力で外れやすいことも関係しています。

 

おまけ

費用を少し安く行う方法として、上が裏側ワイヤー矯正、下が表側ワイヤー矯正のハーフリンガルというやり方もあります。

顎間ゴムを使用したり、さらなる歯のコントロールを必要な場合には表側にもボタンや矯正装置を部分的に装着することがあります。

IMG_2867 IMG_2868

 

ページトップへ
メールでお問い合わせ
ページトップへ

Copyright © SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.