2018年12月14日

歯が1本足りない

歯が1本出てこない。もしかしたら生まれつき歯が1本足りないのかもしれない。

そのような相談を受け、レントゲンを撮ってみると顎の中に埋まっていました。

もう生えてくる隙間もありませんし、角度もおそらく90度曲がっていそうなので自然に出てくることも難しそうです。

このような場合にはいくつかの方針があるかと思います。

1、埋まっている歯を抜歯

埋まっている歯は角度が悪いので、ひょっとすると隣の歯の根っこを溶かしてしまうことがあります。また、矯正治療を検討されているような場合には隣の歯も動かしますので抜歯か牽引が必要です。CTなどで3次元的に位置を調べて抜歯する可能性があります。

2、経過観察

周りに影響なく顎の中に留まることもありますので、経過観察します。

3、隙間を作って開窓牽引(外科的に歯茎を切って、矯正治療で歯を引っ張りあげる)

まずは矯正治療の診断が必要です。顎に歯が入りきらないのであれば、頑張って牽引しても意味がありません。抜歯が適応なのか、牽引して歯として使うのか診断します。

スクリーンショット 2018-12-14 14.06.16

ページトップへ

Copyright c SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.