2018年02月27日

歯列矯正時のワイヤーのズレ

マウスピースではなく、ワイヤーを使用した歯列矯正では端のワイヤーが伸びてくることがあります。

特に多いのが歯がガタガタでワイヤーの装置でまっすぐになってきた時に動いた分だけワイヤーが後方からはみ出してくることがあります。頬の内側などに当たって痛い場合には応急処置でワイヤーを切ることもできますし、歯科用のワックスなどで装置をカバーして頬への当たりをなくすようなことも行なっています。

また、初期の治療では歯に接着させた装置とワイヤーは摩擦が弱くスルスルな状態なので、装置からワイヤーがずれて後方からはみ出てきてしまうこともあります。このようなズレがないようにストッパーをつけることもありますが、ズレが出てきた場合には応急処置で元の位置に戻すことができます。

ページトップへ

Copyright c SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.