2018年02月23日

歯根破折

歯は歯茎から出ている部分の歯冠と、歯茎の中の顎の骨に埋まっている歯根で成り立っています。

歯ぎしりや虫歯、硬いものを噛んだり、ぶつけたりしたときの衝撃で歯冠部が割れたり、削れたりした場合には人工物で修復可能です。

しかし、歯の根の方まで虫歯が及んだり、神経をとって長期間経過した場合には、歯の根にかなりのダメージが蓄積して最終的には歯の根っこが割れてしまうことがあります。

歯の根が健康であれば、歯の頭の部分は何度でも作ることができますが、根が割れていたり、根の先に細菌が感染して炎症がひどい場合には、残念ながら歯根を抜歯せざるをえないこともしばしばあります。特に神経の治療をして差し歯などになっている歯には強い衝撃など気をつける必要があります。縦方向の力にはある程度耐えますが、横方向のギリギリする歯ぎしり(グライディング)や食物を噛んで引っ張って引きちぎるような噛み方には、根っこが割れやすい応力がかかりやすくなりますので注意が必要です。

 

治療後にどれくらいもちますか?とよく質問を頂きますが、虫歯や歯周病の予防やこういった日常的な歯への負担、食生活などによって個人差が大きいため、どれくらいかは人によって違いますとしか答えられません。ただ間違いなく日々のブラッシングと定期的な検診とクリーニングは歯の健康にプラスになるので継続していただくことをお勧めします。

ページトップへ

Copyright c SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.