2018年01月20日

審美的かつ機能的なクリアボウリテーナー

歯列矯正治療が終わった後は後戻りを防止する保定という期間に入ります。

その際に使用するマウスピースをリテーナーと言いますが、種類や使用法は様々です。

 

歯列矯正治療で歯を動かしている時に使用する装置は審美的で見えない、目立たないものを使用していたら

保定中もそのようなリテーナーを希望されるかと思います。

 

歯にかぶせる透明なマウスピース、例えばインビザラインのようなリテーナーは目立ちにくく、違和感も少ないので当然使用することが多いですが、歯の噛み合う部分も装置で覆われているために歯ぎしりなどでする減ったり、割れたりしやすく消耗品になります。さらに長期的に使用するとマウスピースの厚みの影響で噛み合う箇所にスペースができることがあります。

そのために、ベッグ型やホーレー型という噛み合う面を覆わないタイプのリテーナーが良いこともあります。

これまではベッグ型やホーレー型のリテーナーが金属のワイヤーが前歯の部分に見えてしまっていましたが、クリアなタイプを近年オーダーすることが増えてきました。クリアなタイプは当院ではASO社が開発したクリアボウリテーナーを使用しています。

 

リテーナーについての疑問などもお気軽にご相談ください。

DSC_0477

ページトップへ

Copyright c SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.