2017年06月03日

歯や顔のスキャン(光学印象)

近年歯科治療最大の変化の一つが歯のスキャンニング(光学印象)が挙げられます。

これまで歯の型は粘土やゴムのような材料でとり、石膏を流して模型を作成していましたが、このような操作が省かれ、歯や歯茎をスキャンしてそのデータを使用して歯の詰め物や矯正装置を作成する流れになります。

精度や機械の大きさ、スキャンにかかる時間、機械の費用など課題がありましたがかなり改善されてきました。

さらに口腔内だけでなく顔の形態もスキャンしてCTデータと連動させることで、PC内に顔や歯など全てを重ね合わせた3次元データが組み込まれます。こうすることで、患者様の顎顔面の三次元的な情報がいつでもPC上で確認して診断できます。理論上はとても良いことですが、費用面など健全な医院経営をするに従い可能なのかを考えた上で導入していきたいと考えています。

04211425_58f997c78aa5c

ページトップへ

Copyright c SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.