2017年04月01日

クリアランス

虫歯で治療した箇所を詰める詰め物や被せ物には一定の厚みが必要です。

金属は多少薄くても割れることは少ないですが、穴が開いたりすることはあります。

セラミックの場合には割れることがあるためさらに厚みが必要になってきます。

この厚みを確保するための、噛み合う歯との隙間をクリアランスと言います。

 

厚みを取りすぎると、神経までの距離が近くため神経のある歯は慎重にクリアランスを調整しなければいけません。

場合によっては、噛み合う反対側の歯を調整したり、矯正治療で歯を動かしてクリアランスを確保することもあります。

ページトップへ

Copyright c SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.