2017年02月28日

歯の挺出

歯の挺出とは、歯が伸びることです。

歯が大きくなって伸びているのではなく、骨から歯が動いて伸びてくる現象です。

歯科治療でよく見られるのが、虫歯などで歯を削ったまましばらく放置していた場合や歯を抜歯してそのままにしておいた場合に、その歯と本来噛んでいた歯が気合う相手がいなくなり、長期間経過するとその歯は挺出することがあります。

久しぶりに治療の続きを行うときに、噛み合う歯が提出しているとそこには高さの低い歯しか入れられない、もしくは歯を入れるスペース(クリアランス)がないこともしばしばあります。

このような場合には、噛み合う歯の高さを低くするために歯を削るか、矯正治療で伸びた分だけ圧下(骨の中に戻す)するかが必要です。

歯並びは生き物のように日々変化するものなので、放置することは余計な治療を増やしてしまうことにも繋がりますので注意が必要です。

ページトップへ

Copyright c SEEDS ORTHODONTIC CLINIC. All Rights Reserved.